• 大阪の交通事故弁護士に相談で保険会社と有利に交渉

    大阪で交通事故の示談交渉をすることになったら、弁護士に相談するのが得策です。

    被害者は被った損害分の賠償請求を行うことができますが、賠償内容や金額は相手の保険会社と示談交渉をして決定します。

    これは、多くの自動車保険に示談交渉代行サービスが付いていて、加害者はそのサービスを活用して保険会社に味方になってもらっているためです。

    livedoorニュースの情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

    一方、自分の過失割合がゼロで、相手に対する賠償責任がないという被害者の方は、自分の自動車保険の示談交渉代行サービスを利用することはできない仕組みになっています。

    よって、そのままでは自分ひとりで相手の保険会社と交渉しなくてはなりません。


    保険会社は加害者から被害者への賠償金を実質支払う立場で、金額を極力抑えたいところです。

    そのため安い金額の示談金を提示する傾向があり、特に被害者に弁護士が付いていないとみると保険会社のペースで示談に持ち込むこともあり要注意です。
    大阪には、交通事故問題が得意な弁護士の先生がいます。大阪で交通事故の被害者になってしまったら、早めに交通事故弁護士に相談するのが一番いい方法です。



    法律相談をして示談交渉の代理人を引き受けてもらえば、相手の保険会社としても無理な示談を成立することができませんし、安い示談金を提示されても弁護士の先生が金額を見極めて不当であれば金額を修正して交渉してもらえますから被害者にとって有利に交渉が進められます。

    特に、計算方法次第で金額が大きく変わる慰謝料や、賠償金額に関わる後遺障害の等級認定では法律相談が必須です。