• 大阪の交通事故弁護士に慰謝料の相談

    大阪の交通事故弁護士は、被害者が受け取る慰謝料の増額が得意です。

    交通事故の慰謝料は精神的に被った苦痛に対する賠償金で、入院通院の傷害分と後遺障害が残ってしまった場合の後遺障害分の慰謝料があります。
    慰謝料には、治療費や物損の費用にはない難しい点があります。


    それは、精神的な苦痛に対する賠償金という性質上、個人差が大きく尺度化できないところです。

    今までに培ったノウハウを活かし、産経ニュースの口コミ情報を掲載しています。

    そのため、同じような事故なのに慰謝料額が大きく異なるという不公平感をなくすように、交通事故の慰謝料には支払い基準があります。



    しかし、その基準はひとつではなく、自賠責・任意保険・裁判の判例と3つありどの基準を使って計算をするかで慰謝料額が違ってくるので注意が必要です。
    自賠責基準では安く、また裁判の判例基準で計算された慰謝料は一番高額です。


    慰謝料の額は示談交渉の中で相手の保険会社と話し合いで決めますが、賠償額をなるべく抑えたい保険会社としては安い自賠責保険で計算した慰謝料額を提示してくることがあります。被害者に知識がないとその金額の見極めは難しいので、大阪で慰謝料交渉なら交通事故専門の弁護士に相談して交渉をサポートしてもらうのが一番です。
    弁護士が間に入れば、高額に計算される裁判の判例基準で慰謝料交渉してもらえますから受け取れる慰謝料額が大幅に引き上げ可能です。
    また後遺障害分の慰謝料は、障害として認定されて等級をベースに計算されます。
    大阪の交通事故弁護士は、後遺障害等級の認定申請に関係する医療の知識も豊富です。

    後遺障害が残ってしまうケースでは、等級認定申請から大阪の交通事故弁護士に相談することでより有利に示談交渉ができます。