• 大阪の交通事故弁護士に慰謝料チェックを依頼する

    交通事故の被害者は、身体面の怪我や物損、収入の損失などに加えて精神的にも多大な苦痛を受けます。

    livedoorニュースの情報を調べてみましょう。

    この、精神的な苦痛に対して請求できる賠償金が慰謝料です。

    慰謝料は、精神的ダメージという性質上個人差という問題があって難しくなっています。



    こういった背景から、同じような事故なのに慰謝料の金額が大きく異なるという不公平感をなくすため、交通事故の慰謝料には計算基準があります。しかし、基準はひとつではなく、安い自賠責基準から任意位保険基準、一番高く計算される弁護士基準と3つありどの基準によるかで慰謝料額は変わってしまいます。示談交渉では、相手は一番安い自賠責基準の慰謝料を提示することがあり要注意です。

    大阪には、交通事故問題を多く取り扱う弁護士の先生がいて被害者の慰謝料請求をサポートしています。



    相手から慰謝料など賠償金額を提示されたら、正当に計算されているかどうか見極める必要がありますが、被害者に知識がないと困難です。

    そこで大阪で交通事故を専門にしている弁護士の先生に相談することで、慰謝料の金額をチェックしもしも少なく計算されていれば正当な弁護士基準で再交渉してもらえます。

    その結果、最初に相手方から提示されて慰謝料が何倍にも上がるケースも珍しくありません。


    大阪で示談交渉をすることになったら、交通事故専門の弁護士の先生に相談してサポートしてもらうのが一番です。


    法律相談をすると費用面が心配という方がいますが、任意保険には法律相談の費用を補てんする特約もあります。